ブッダはアジャセに何をしたのか スピリチュアリティの本質とは何か

心に残る家族葬

ブッダはアジャセに何をしたのか スピリチュアリティの本質とは何か

仏教は生きることは苦であると説く。特に終末期に直面する患者や、家族や恋人を失い、悲嘆に陥った人達などは激しい慟哭と孤独の中にいる。そうした苦しむ人を癒すためのケアに最も必要なことは「寄り添い、聴くこと」である。そこは本当の意味の「スピリチュアリティ」に気づく場となる。 ■アジャセ物語とは アジャセ物語の原点は「涅槃経」に見出され、親鸞(1173〜1262)は主著「教行信証」の第3巻・信巻に引用している。ま...

「ブッダはアジャセに何をしたのか スピリチュアリティの本質とは何か」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧