自治体が発行で急拡大 「ふるさと納税」の次は「環境債」ブームに

Asagei Biz

自治体が発行で急拡大 「ふるさと納税」の次は「環境債」ブームに
自治体が発行で急拡大 「ふるさと納税」の次は「環境債」ブームに

総務省のデータによると、ほんの10年ほど前は受入額がわずか100億円レベルでしかなかったふるさと納税も、2018年には5000億円を突破。自治体によって個性が異なった返礼品を待つことは、一般的で身近な楽しみとなっている。 そんなふるさと納税は地方公共団体の財政を大きく手助けするものだが、次は地方債がブームになるかもしれない。再生可能性社会を可能にするための、地方公共団体によるESG債を発行する団体がこのところ...

「自治体が発行で急拡大 「ふるさと納税」の次は「環境債」ブームに」のページです。デイリーニュースオンラインは、サスティナビリティボンドソーシャルボンドグリーンボンド地方債ESGマネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧