『金曜ロードショー』細田守の最新作を“黒歴史”に認定?「ゴミ扱いで草」

まいじつ

『金曜ロードショー』細田守の最新作を“黒歴史”に認定?「ゴミ扱いで草」

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が7月16日に公開されることを記念して、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、〝細田守SP〟と題して7月に3週連続で細田作品を放送することが決定した。しかし、その中で省かれてしまった作品が物議を醸している。 今回放送されるのは、2009年公開の『サマーウォーズ』、2012年公開の『おおかみこどもの雨と雪』、2015年公開の『バケモノの子』だ。 このスペシャル放送にあたって...

「『金曜ロードショー』細田守の最新作を“黒歴史”に認定?「ゴミ扱いで草」」のページです。デイリーニュースオンラインは、金曜ロードショー細田守日本テレビ黒歴史アニメエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧