重機界のラスボス、重量と5600トンもの超巨大バケット・チェーン・エクスカベーターの迫力のタイムラプス映像

カラパイア

重機界のラスボス、重量と5600トンもの超巨大バケット・チェーン・エクスカベーターの迫力のタイムラプス映像
重機界のラスボス、重量と5600トンもの超巨大バケット・チェーン・エクスカベーターの迫力のタイムラプス映像

[画像を見る] この巨大重機が自力でノシノシ進む…だと?どうみたって据置式だしそんな仕様があっていいのか? 圧倒的な迫力とありえない光景ゆえ脳にタイムラグが生じる絵面だ。 この重機の正体は「バケット・チェーン・エクスカベーター」で、鉱山の露天採掘に用いられる大型建設機械だ。 映像は、1980年代チェコスロバキア社会主義共和国で製造されたもので、全高160メートル、全高40メートル、重量なんと5600トンもあ...

「重機界のラスボス、重量と5600トンもの超巨大バケット・チェーン・エクスカベーターの迫力のタイムラプス映像」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧