感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「スクール☆ウォーズ・山下真司」 (1/2ページ)

アサ芸プラス

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「スクール☆ウォーズ・山下真司」

 人生を揺さぶる名言は教科書には存在しない。あの日見た映画やドラマの「名セリフ」にこそ、魂を突き動かす瞬間がある。それは笑いであり、涙であり、緊迫の場面であったりとさまざまだが、優れた作り手と一流の役者たちによるメッセージであることに変わりはない。そんな半世紀の感動をここに再び!

 五郎丸歩を中心に、W杯で健闘したエディジャパン。爆発したラグビー人気のルーツに、山下真司(63)の初主演作「スクール☆ウォーズ」(84~85年、TBS系)があった。

──これが初主演作でしたが、ラグビー経験は?

山下 実はなくてね。タイトルバックでゴールキックを決める場面は、グラウンドに呼ばれて「蹴ってくれ」と。あんな楕円形のボールが簡単にいくはずはないと思っていたら、12本のうち3本くらい入ったよ。

──ビギナーズラックでしょうか。

山下 ただ、タックルの場面を撮ったら、首がボキッと鳴る音が聞こえた(笑)。

──実在する高校ラグビー部の監督(京都・伏見工業の山口良治氏)をモデルにした「神奈川・川浜高校の滝沢賢治」が役どころ。

山下 本命は僕じゃなく、僕の事務所の先輩に内定していたんです。実際、その人は山口先生によく似ていたし。それが逆転したのは、番組の春日千春プロデューサーの奥さんが「山下がいい」とアドバイスなさったからのようで。

──結果的には、これ以上ないハマり役になったと思います。さて、先日のTBS60周年特番でも取り上げられていましたが、屈指の名場面といえば第8話。強豪校に「109対0」で敗退した直後、生徒たちに怒りを爆発させる場面です。

山下 お前たち、悔しくないのか! お前たち、それでも男か!

──負けたことを責めるのでなく、無気力さを許せなかった。

山下 これは実際にあった話だし、ちゃんと再現できないと役者として恥ずかしい。

「感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「スクール☆ウォーズ・山下真司」」のページです。デイリーニュースオンラインは、山下真司スクール☆ウォーズ週刊アサヒ芸能 2015年 11/5号エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧