『紅白』当落でAKB48グループに明暗もたらした”NHKの体質”とは (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

紅白で『あさが来た』を絡めた企画は行われるのか?
紅白で『あさが来た』を絡めた企画は行われるのか?

「みんなでサラッと泣きました。(略)そんな感じ!それだけ!」

 こう悔しさをにじませたのは指原莉乃。所属するHKT48が、2015年「NHK紅白歌合戦」に落選したことへのコメントだ……。

 今年の紅白歌合戦の参加メンバーが発表された。「BUMP OF CHICKEN」、「ゲスの極み乙女。」、「星野源」、「μ’s(ミューズ)」、「Superfly」ら注目を集めた初出場組の中で、ひときわ話題なのが「乃木坂46」だ。

 乃木坂46(注1)は、AKB48の公式ライバルグループとして2011年にデビュー。最新シングルは自己最高となる初週62.7万枚を売り上げ、12作連続のチャート1位を記録した。昨年も有力候補に挙げられながらも、直前にスキャンダル(注2)が発覚して落選。悔しさをバネに文句の無い快進撃を見せて、出場をゲットした。

 そして上がるものがあれば、下がるものもある。前年はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48と、「48グループ」すべてが出場する完全制覇を成し遂げたAKB軍団が、今年は本体のAKB48、大阪が本拠のNMB48のみ出場。ライバルグループに牙城を半分、崩された格好だ。

「すでに去年から乃木坂は、CD販売枚数で本体AKB48以外の地方グループは追い抜いていた。指原のHKTなど、乃木坂が不出場になった棚ボタで出場しただけです」(スポーツ紙芸能担当)

 指原に、嘆くほどの資格は無いということだ。

「『紅白』当落でAKB48グループに明暗もたらした”NHKの体質”とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、紅白歌合戦NHKアイドルAKB48音楽連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧