水原希子の出演で加速!? 香取慎吾主演ドラマが放送前から大コケ認定 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真はインスタグラムより
写真はインスタグラムより

 SMAP・香取慎吾(38)が主演を務め、来年1月スタートの連続ドラマ『家族ノカタチ』(TBS系)が、業界内外で早くも“大コケ”認定されている。放送枠は阿部寛(51)主演で高視聴率をキープしている『下町ロケット』 の次クールという悪条件だが、あるキャストの出演で“爆死”要素が増加してしまったようだ。

『家族ノカタチ』では、多趣味でモテないわけではないが、結婚できない“こじらせ男”を演じる香取。女優・上野樹里(29)がバツイチの“独身こじらせ女子”で、俳優・西田敏行(68)が主人公の父親、女優・風吹ジュン(63)がヒロインの母親を演じるという。TBSのサイトによれば、

「現代の家族と結婚に悩む全ての世代に送る、日曜の夜を“笑顔と優しい感動”に包み、さまざまな“家族のカタチ”を応援する珠玉のホームドラマ」

 になるそうだ。

 香取は『新選組!』(2004年放送)、上野は『江~姫たちの戦国~』(2011年放送)で主演を務めているため「NHK大河ドラマの主演経験者同士」の共演も話題になっている同作だが……。

中村アン、水野美紀、そして水原希子

 ジャニーズに詳しいライターが、主演・香取の現状を語る。

「香取の主演ドラマは低視聴率が重なっており、2012年放送の『MONSTERS』(TBS系)は平均11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『幽かな彼女』(フジテレビ系、2013年放送)は11.5%で、昨年放送の『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)に至っては、平均7.4%でした。その上、メイン出演するバラエティ『おじゃMAP!!』(フジ系)も水曜午後7時台というゴールデンタイムにも関わらず、11月18日が6.3%、最新の12月9日も6.7%と低迷中。10月から公開された主演映画『ギャラクシー街道』もネット上では酷評祭りでしたし、明るい気配が感じられません。香取の新ドラマは業界内でも“大コケ”が予想されています」

 そして先日、新たなキャストが発表され、モデルで女優の水原希子(25)、中村アン(28)、女優・水野美紀(41)、俳優・荒川良々(41)、千葉雄大(26)、お笑いタレント・柳原可奈子(29)の出演が明らかになった。中でもTBSのサイトでは水原の名前を先頭に出し、

「水原希子がTBSドラマ初出演決定!」

 と大々的に宣伝。水原は上野演じるヒロインが働く商社の新入社員で「縁故入社したお嬢様であり、仕事に対する情熱、出世欲や野望が全くない」役柄。スポーツ紙での扱いも水原が記事のメインとなっている。

「水原希子の出演で加速!? 香取慎吾主演ドラマが放送前から大コケ認定」のページです。デイリーニュースオンラインは、俳優女優水原希子炎上芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧