石橋貴明 若手女優への“胸攻め”で番組打ち切りの危機?「ヒュー・ジャックマンが驚いた行為」 (1/2ページ)

アサ芸プラス

石橋貴明 若手女優への“胸攻め”で番組打ち切りの危機?「ヒュー・ジャックマンが驚いた行為」

 とんねるずが司会のフジテレビ系バラエティ番組で、石橋貴明が若手女優に「胸攻め」の狼籍を働き、局側に抗議が殺到、大問題に発展している。そして、視聴率低迷から再三、打ち切りがささやかれてきた中、ついに局が決断を下す時が‥‥。「最後の看板番組」にとどめを刺す「事件」の全容とは──。

「来年3月に番組は打ち切りの方向で進められています。あの放送が引き金になったのは間違いありません」

 フジテレビ局員が険しい顔でそう話すのは、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜夜9時)のことである。

 97年から放送され、とんねるずの石橋貴明(54)、木梨憲武(53)がメイン司会を務める長寿番組で問題が起きたのは、10月15日の放送回。お互いに4品の中から嫌いな食べ物を当てる名物コーナー「新・食わず嫌い王決定戦」でのことだった。

 対戦ゲストは「X – MEN」シリーズなどの名演技で人気を博す俳優のヒュー・ジャックマン(47)と、女優や歌手として活躍する西内まりや(21)。

 料理が並べられたテーブルを挟んで、木梨はジャックマンの隣に。向かい合って石橋は西内の隣に座る。

 番組の冒頭で、西内はハリウッドスターを前に緊張を隠せずにこう明かした。

「今、私、すごいことになっています」

 すると、すかさず石橋が、

「バクバクしてる?」

 と言って、手を伸ばして胸を触ろうとする。

「あっ、ちょっと」

 突然のセクハラ攻撃に、西内は慌てながら両手で胸元をガード。目前で行われた狼藉に驚いたのは、ジャックマンであった。目を丸くして「WOW」とつぶやくと、続けてこうあきれ返った。

「スゴイな‥‥、僕がそれをやったら問題だ」

 それでも石橋のセクハラは止まらなかった。

 1品目の実食でジャックマンがブロッコリーを食べている時、筋力トレーニングの話題になり、

「私も今、ジムに通っているんです」

 西内がそう話すと、

「どこ(鍛えてるの)? ここ?」

 そう言って再び石橋の手は胸元に急接近。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る