秋元康がAKB48卒業宣言…非難と同情入り乱れるファンの声

デイリーニュースオンライン

AKB48公式サイトより
AKB48公式サイトより

 12月20日、トーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)でHKT48の指原莉乃やAKB48の高橋みなみ、卒業生の前田敦子らが登場。番組中でプロデューサーの秋元康がAKBからの「卒業」を口にしていることが分かった。長年グループを支えた総監督・高橋みなみに続き、AKBの生みの親である天才プロデューサーも卒業するのか、にわかにファンの注目を集めている。

2013年にも卒業プランを披露済み

 AKB劇場のオープン10周年を迎え、12月6日には記念イベントを実施したAKB。来年3月には、デビュー10周年を記念して、卒業生を含めたドリームチームを結成し、43枚目のシングルを展開する。

 しかし総合プロデューサーである秋元の心境に変化があるようだ。上記番組中に指原が「最近、秋元さんが勝手に『卒業』っていろんなところで言ってません?」と話すと、前田も「私もご飯食べてる時に言われた」と同調し、AKBグループから距離を置きたい様子を見せているというのだ。

 秋元はかつて、ジャーナリストの田原総一朗との対談を収録した書籍「AKB48の戦略! 秋元康の仕事術(2013)」のなかでも卒業を示唆。同著で「AKB48のサプライズでいちばん驚くのは『秋元康、今日をもってAKBを卒業します!』かなと(笑)。ほんと、僕は卒業すると思いますよ」と述べた。

 そんな長年にわたって卒業プランを温めている秋元に対し、一部ファンからは、「AKBが衰退してヤバくなったから逃げるというだけの話」「おいしいとこだけ味わって勝ち逃げだけは許さねーぞ」と非難も出ている。

 秋元の卒業プランに非難が上がる一方、同情の声も多い。「そりゃ自分が心血注いで時間かけて作った作品が握手券売ってるなんて言われたらモチベーションも下がるだろうよ」「遊びでやってたのに事務所の利権とか絡んで面倒になってやる気なくしたんだろ」「7つの団体まで膨れ上がったからな。やってもやっても仕事追いつかないしな」と秋元の心身の苦労を慮らんかぎりだ。

 たしかにAKB48はいつしか「AKBグループ」と呼ばれるようになり、今やAKB以外にも、SKE48やNMB48、NGT48、HKT48、さらに海外のSNH48、JKT48も含めて、計7グループを構成する大規模団体となった。研究生制度もあり、アイドルグループとしてはジャニーズ事務所に匹敵する大きさ。秋元自身は、今だにグループの楽曲の多くで作詞を担当しており、その生産量たるや驚異的だが……。

「AKBグループ全体で一体何が行なわれているのか。一人で全てを把握するのは事実上不可能でしょう。様々な思惑が飛び交い、おまけに天狗のメンバーがスキャンダルだらけで収拾がつかない状態。一人のクリエイターとしてやりたいことが十分にできず、置かれた状況に不満を感じているかもしれません。あるいは新しいアイデアを別の場所で試したいのかもしれません。もし秋元さんが本当に卒業することになれば、AKBグループは今以上の凋落を招くのではないでしょうか」(芸能関係者)

「AKB48の戦略! 秋元康の仕事術」のなかで理想の次期プロデューサー像について語り、「AKBを守ろうとすれば、それはAKBの進化を止めることでしょう。そのときAKB48は終わるんです」と語った秋元。現在の胸中やいかに。

(取材・文/蒼木学) 

ページの先頭へ戻る