NMB48・山本彩の”天狗”発言に関係者ア然「山本裕典くんを紹介して」 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

山本彩 写真集『 SY 』より
山本彩 写真集『 SY 』より

 昨年の大みそかに放送された『第66回NHK紅白歌合戦』のリハーサル現場で、NMB48センター、そしてAKB48としても出演した山本彩(22)の悪評が噴出していた。いまやNMBのみならず、AKB全グループの中でも最も中高生人気を獲得している山本彩だが、その“天狗ぶり”には他の芸能プロ関係者も唖然としていたそうで……。

NMBのステージで『365日の紙飛行機』をセンターで披露

 山本はAKBシングル『Everyday、カチューシャ』で選抜入りした2012年頃から、もうひとりの選抜メンバー渡辺美優紀(22)との“二本柱”としてグループを牽引してきた。ところが渡辺は2014年3月、異性スキャンダルを報じられた直後から人気は失速。その後、グループ人気はほぼ山本の独壇場となっていた。

「この流れはファンの間でも問題視されているんです。元々は山本と渡辺のふたりが、トップ争いで切磋琢磨しあう姿がNMB本来の魅力だった。にも関わらず、いまや両者の格差は誰の目にも明らかとなってしまい、脱落する古参ファンが続出。歌に楽器、さらにはドラマにも出演と、若年層ファンは獲得している山本ですが、古参ファンには多くのアンチが存在するようになりました」(スポーツ紙記者)

 そして『紅白』本番でも、山本は紅組トップバッターの大原櫻子(19)に「緊張すると思うけど頑張ってください」とエールを送るなど、さっそくの“特別待遇”が。NMBのステージでも、朝ドラ主題歌となったAKB『365日の紙飛行機』をセンターで披露するという、前代未聞の出演となった。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る