ベッキー以上に大暴れ!? “イッテQメンバー”手越祐也のグアム乱痴気騒ぎにファン賞賛

デイリーニュースオンライン

またも報じられた手越祐也のスキャンダル(写真はイメージです)
またも報じられた手越祐也のスキャンダル(写真はイメージです)

 ベッキーなんて甘い。火遊びを極めるのはオレだ! まるでそんな叫びが聞こえてきそうな一報が飛び込んだ。ウェブ上で10日、"平成の火野正平"ことNEWSの手越祐也が、昨年9月にグアムで乱痴気騒ぎを繰り広げたことが東京スポーツを通じて報じられている。

グアムでパーティー開催にファン賞賛「手越大先生」

 同報道によると手越は昨年9月の中旬、グアムで男性8人、現地でナンパした女性11人による即席パーティーを敢行。パーティーは徐々に飲み方が激しくなり、手越のアイデアで男女ペアになり、ジャンケンで勝ったほうがテキーラをショットで一気飲みすることに。

 乱痴気騒ぎになり、手越ら一部メンバーはビーチに移動。手越は全裸になって「千の風になって」を熱唱。最終的に手越は「歌手のmiwa似の小柄な小動物系美女」をお持ち帰りすることに成功した模様。ちなみに手越は、「もう六本木というか日本に飽きちゃった」から「飲む場所を変えようと思って」グアムに来たという。

 過去に様々な浮名を流してきたが、非難を浴びるどころか賞賛を浴びてきた手越だけに、今回の乱痴気騒ぎ報道でもファンのお咎めはなし。「神だわ」「やりたい放題でワロタ」「もうこういう路線でいくんだな」「さすが手越。このぐらいしないとな」「手越さんの進化がとまらねえ」「やっぱり手越大先生はすごいな!」「内容が面白すぎてヤバい…」と絶賛の嵐。バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)で共演する女性タレント・ベッキーの不倫騒動と相まって、「イッテQメンバー大暴れだな」と評する声も。

 手越は正真正銘、れっきとしたアイドルなのだが「話題にならなきゃ芸人終わりだからな、何処まで往けるか知らんが頑張れ」と色物扱いする人まで出ている始末だ。

 残念ながら今回は、記事中で「清楚系美女のAさん(20代)」の証言で、「その場所(ビーチ)にいた女の子に聞いたんだけど、手越のアレは『私の経験上、一番小さかった』と言ってました(笑い)」と記述され、"アレが小さい"疑惑が浮上。そこだけはファンの間で笑いの的になっている。

 しかし手越が不思議なのは、恋愛ご法度のAKB48グループのメンバーに手を出したり乱痴気騒ぎを起こしたりしたにもかかわらず、ほとんど悪評がないこと。手越の火遊びのニュースを見たファンから「平常運転だな」「スキャンダルでもなんでもない」と言われるのだ。

「ジャニーズやAKBのルールは破っても、道理に反しないのがミソ。逆にベッキーは、結果的に道理を外れて既婚者に手を出しました。さらに芸能界で生き残ろうとするあまり、広告主に向けたような謝罪をするから視聴者の反感を食らう。手越はFukaseと交際中のきゃりーぱみゅぱみゅに手を出した疑惑はありますが、それも若い男女の色恋沙汰の範疇です。芸能界のルールを守るのか、人のルールを守るのか。そこが手越とベッキーの分かれ目になったのではないでしょうか」(報道関係者)

「芸能界のプレイボーイ」といわれた俳優・火野正平も、数々の女性と熱愛騒ぎを起こしたが悪評はほとんどなく、66歳になった今も数々のドラマ・映画で活躍。バラエティ番組「にっぽん縦断 こころ旅」(NHK BSプレミアム) では、気ままな旅人になって日本全国を自転車で縦断する"カッコいい自由人"だ。このまま世間に強いインパクトを残し続ければ手越も……。

「今のところファン・メディアの期待を裏切らない"活躍"ですね。最近の芸能人は炎上騒ぎに怯えておとなしくなりがちですが、手越には大暴れして伝説になってほしいです。そして40年後に散歩番組に出演して、若かりし頃の火遊びの思い出を披露してほしいですね」(同上)

 火遊びをして賞賛される手越。ネットで炎上しても事務所に烈火のごとく怒られても、芸能界のルールにかまわず我が道を行くだろう。

(取材・文/蒼木学)

ページの先頭へ戻る