芸能界で”売名”は有効なのか?加藤紗里と菜々緒の決定的な違い (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

芸能界で”売名”は有効なのか?
芸能界で”売名”は有効なのか?

 ゲス、不倫に次ぐトピックとして、今年に入り芸能界で話題となっているのが「売名」だ。関西落語会の重鎮、桂文枝(72)と長年の不倫関係を突然フライデーに暴露した元演歌歌手の紫艶(38)はベッキーばりにSNS上のやりとりまで公開し、波紋を呼んだ。そんな”売名ブーム”の口火を切ったのは「狩野英孝の本命」ことタレントの加藤紗里(25)だ。

 狩野英孝(34)と川本真琴(42)との三角関係から一躍、その名を世間に広めた加藤だが、騒動以前の仕事ぶりについてはほとんど知られていない。

「名前を聞いたことはありません。テレビや営業での”芸能系”仕事はしていないはず。本業は着エロや撮影会がメインの”自称タレント”層です。しかし、この層の女の子が有名になるのは本当に難しいので、今回の騒動は感心する部分があります」(中堅芸能プロ関係者)

■ブログのコメント数が激減

 そうはいっても加藤の評価が高いわけではない。2月4日『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)、2月9日『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、2月14日『サンデー・ジャポン』(TBS系)と立て続けにテレビ出演を果たすも、タレントとしてインパクトを残すには至らなかった。

「年齢詐称、整形疑惑など視聴者の興味をそそる要素を加藤は持っていた。ところが本人のコメント内容がつまらない。同じフレーズを繰り返すのみで、アドリブも効かなかった。ブログも騒動後はかなりのコメント数を稼いでいたが、『サンジャポ』に出演した14日に1733件を記録して以降、一気にコメント数が急減。バブル人気であることを如実に表しています」(テレビ誌ライター)

「芸能界で”売名”は有効なのか?加藤紗里と菜々緒の決定的な違い」のページです。デイリーニュースオンラインは、売名行為加藤紗里菜々緒炎上エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧