ベッキー巨額寄付の”美談”はねつ造?復帰計画に暗雲も (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

復帰計画に暗雲か?
復帰計画に暗雲か?

 休養中のタレント、ベッキー(31)が日本ユニセフ協会(以下、日本ユニセフ)を通じて多額の寄付をした、と週刊新潮の2月25日発売号で報じられた。この報道に対して湧き上がる反響を受けて、日本ユニセフは「そのような情報を当協会が同誌を含む第3者に開示した事実はございません」と異例の声明を発表している。

■アグネス・チャンの”炎上案件”日本ユニセフ

 ゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)との不倫騒動が一段落ついたベッキーが、ここにきて新たな動きを見せている。事実上の謹慎処分を受けているベッキーがなんと、これまでに匿名で寄付した額は、アフリカに5つの校舎を建設できるほどだというのだ。

 事の出所は、かつてベッキーが週刊文春のことを"センテンス スプリング"と呼んだという報道を皮肉って「うちもベッキーさんに『ニュー ウェイブ!』って言われたい」とツイートしていた週刊新潮。ベッキー関連の報道が"ネタ切れ"になりつつあったため、当初から話題を呼んだ。

 しかしながら3月1日、日本ユニセフが公式サイト上で異例の発表を実施。「『ユニセフ関係者が特定個人の寄付履歴を同誌に開示した』といったことを内容とする記述がございますが、そのような情報を当協会が同誌を含む第3者に開示した事実はございません」と新潮の報道を暗に否定しているのだ。

 記事の掲載前には、新潮側から電話で問い合わせがあったとし、「当協会は、個人情報保護と法令順守の理由から、寄付者の同意なく寄付履歴などを開示することはできないし、したがって、寄付の有無についても肯定も否定もできない」と言うに留まったという。

 今回の寄付騒動は、ベッキーに対して「不倫で騒がれてる時に良い子アピール」「復帰の為のネタ話」という声が上がっているのみならず、新潮が報じた美談記事は一部メディアでベッキーの所属事務所サンミュージックが仕掛けた"バーター記事"と揶揄されている。

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧