乙武クンの”ゲス不倫”が判明しても妻が援護するしかなかった複雑事情 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

五体不満足完全版
五体不満足完全版

 元教職員で著書『五体不満足』(講談社)などの文筆家としても活動する乙武洋匡氏(39)について、3月24日発売の『週刊新潮』(新潮社)が不倫を報じた。同誌の取材に対して「これまでの結婚生活で5人の女性と不倫した」と乙武氏が告白。2001年に結婚した妻・仁美さんとの間には3人の子どもも授かっており、新たな“ゲス不倫”として話題を呼んでいる。そこで、気になるのは、乙武氏は一体どのようにして複数の女性と関係を持ったのか、だ。

■理解ある女性に「手伝ってほしい」

 乙武氏は3月24日には自身のオフィシャルサイトを更新して謝罪。「このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません」とし、また妻の仁美さんには以前に不倫を打ち明け、「私を許し、やり直そうと言ってくれました」と報告した。さらに、仁美さんのコメントも掲載され、「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております」「今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」など、夫に寄り添う姿勢を見せた。

「昨年末まで東京都の教育委員も務めていたという経歴、またこれまでのクリーンイメージから『不倫など信じがたい』という声も出ています。しかし、彼には他の男性は真似できない“口説き術”がある。自分に理解ある女性に『補助してくれないか』などと言い寄って、介護を受けるかのように親密関係に持っていくんです」(週刊誌記者)

ページの先頭へ戻る