乙武クン妻の謝罪コメントはなぜ”失敗”に終わったのか?

デイリーニュースオンライン

「子どもたちの未来を考えてみた」より
「子どもたちの未来を考えてみた」より

 3月24日発売の「週刊新潮」が、『五体不満足』の著者で作家の乙武洋匡(39)氏の不倫を報じた。記事によると、乙武氏は昨年12月末から年始にかけて、女優の黒木華に似た20代後半女性と、北アフリカ・チュニジアやパリなどを訪れたという。

 乙武氏は、不倫関係を認めたうえで「やんちゃな遊び方をしていた時期があります」とし、この女性だけにとどまらず、5人の女性との関係を告白している。

 乙武氏は、母校・早稲田大学の後輩女性と結婚しており、現在3人の子供がいる良きパパで、誠実でクリーンなイメージが定着していた。そのイメージを武器に、今年夏の参院選に自民党から出馬予定とみられていたが、今週行なわれる予定だった出馬会見が急遽見送りになったとも報じられており、出馬断念に追い込まれる可能性が高い。

 24日、乙武氏は公式サイトに「『週刊新潮』の報道について」というタイトルで、コメントを発表。乙武氏本人にとどまらず、なんと、乙武氏の夫人のコメントまで掲載されたことが物議を醸している。

 乙武氏は、謝罪の言葉に続けて「報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為…」「失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です」などと記している。

 一方、夫人は「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております」「3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」「本人はもちろん、私も深く反省しております」とコメント。

 異例の夫婦による謝罪コメントには、どのような思惑が隠されていたのか。乙武氏に近しい業界関係者が語る。

■妻の謝罪が火に油を注ぐ結果に

「夫人が乙武氏を責めずに『許している』『自分にも責任の一端がある』とすれば、乙武氏の不倫騒動が早々に鎮火すると見込んでいた。しかし“書面のみ”のコメントでは、真意が見えない上に、憶測は深まるばかり。業界内では『閣僚の妻を意識しているのでは』や、出馬が危ぶまれた今『政治界への強い未練では』などの見方が強い」

 最近では、歌手の石井竜也氏(56)に不倫疑惑が持ち上がった際に、妻と手をつないでマスコミの前に登場したことが騒動の収束にも繋がったように、不倫報道時には妻の対応も重要視されている。

 ではなぜ乙武氏の妻のコメントには批判が集まるのか。前出の関係者は語る。

「以前、浜田雅功(52)さんの不倫騒動時に、妻でタレントの小川菜摘(53)さんの対応が賞賛を浴びました。あれはコメント内容にととどまらず、妻の顔が即座に浮かんだからできたこと。今回、姿も知らない乙武さんの奥さんが“書面のみ”で謝罪したことは、やらされている感が拭えず腑に落ちない視聴者がほとんど。結果的に作戦は失敗だった」

 妻の書面のみによる謝罪が、火に油を注ぐ結果となった乙武氏の不倫騒動。

 自民党の宮崎謙介前衆院議員の『ゲス不倫』が発覚した直後だけに、乙武氏の公認は厳しという見方は強い。

 乙武氏の誕生日前日、4月5日に都内ホテルで誕生パーティが催される予定だが、果たして乙武氏は何を語るのだろうか。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る