藤原紀香とは大違い?熊本地震で“神対応”をみせた著名人たち (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by ai3310X
Photo by ai3310X

 4月14日から熊本県で震度7を計測してから1週間。多くの芸能人がツイッターでのコメントや寄付、現地に赴くなど様々な形でアクションを起こしている。 そんな中、“不謹慎厨”と揶揄される一部の人々によって、本人は予想だにしなかった批判にさらされる事例が頻発している。

 親子で500万2,000円を寄付した紗栄子(29)。ブログで被災者にエールを送った藤原紀香(44)。熊本県内で被災し、生活ぶりを詳細にブログで発信していた井上晴美(41)ら、“不謹慎狩り”で憂き目を見る例が後を絶たない。しかしながら、「神対応」と評判になった例も少なくはないのだ。

●高良健吾(28)、伊勢谷友介(39)

 高良は熊本市出身。地震後、熊本に入り、マスクや帽子で顔を隠して給水活動を継続してきた。伊勢谷は20日に福岡に入り、熊本に支援物資の基地を確保したことを自身のツイッターで報告している。

 高良と伊勢谷は20日、熊本市内の小学校を訪れ、焼きそばを振る舞うなど支援活動を行った。笑顔で写真撮影に応じる様子も被災者のツイッターで拡散され、「見た目も行動もイケメン!」と評判だ。

●TERU(GLAY、44)

 2011年の東日本大震災でも寄付やボランティア、復興支援ライブ等の支援活動が評価されたGLAY。熊本地震の後、ボーカルのTERUのツイッターには「拡散希望」のツイッターが相次いだ。TERUは熱いメッセージや的確な情報とともに、約36万人のフォロワーに拡散を続けている。そんなTERUにネット民がつけたあだ名は、愛をこめて「拡散おじさん」。

「藤原紀香とは大違い?熊本地震で“神対応”をみせた著名人たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、不謹慎狩り熊本地震高須克弥藤原紀香伊勢谷友介エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧