TOKIO「鉄腕DASH」の企画が仇に?税金の”ムダ使い”で炎上騒ぎ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

鹿児島県さつま町に税金の無駄使い疑惑が?(※写真はイメージです)
鹿児島県さつま町に税金の無駄使い疑惑が?(※写真はイメージです)

 4月24日放送のバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、町中にある竹林の専有面積が日本一である鹿児島県さつま町のPR企画が実施された。企画内の映像で、町のオブジェや施設にかかった費用が億単位のゴージャスなものであることが紹介されるや否や、視聴者の間で「税金のムダ使いではないか」と取り沙汰された。しかし"都市外交"を打ち出して海外豪遊を行なう舛添要一都知事(67)よりはマシかもしれない。

■放送で億単位の豪華オブジェがさらされる

 TOKIOのメンバーが全国各地を訪れてPRをお手伝いする「ザ!鉄腕!DASH!!」内の企画「DASH ご当地PR課」。今回は「〜鹿児島県さつま町 巨大竹とんぼは空を舞うか!?〜」と題して、城島茂(45)と山口達也(44)が竹の町「さつま町」を訪問。2メートルの巨大竹とんぼを飛ばしてさつま町の竹をPRした。

 しかしながら話題になったのは、さつま町がPR用の各種オブジェや施設にかけた費用を紹介するシーン。町の中心部にある金メッキを施した「黄金のかぐや姫像」は約1000万円、200種類以上の竹製品を展開する伝統工芸センター「竹の博物館」は2億6千万円、竹をデザインした街頭が立ち並ぶ「竹取り通り」は3億円、竹のオブジェで彩られた「かぐや姫の里」は9億円と紹介された。これまでにかけられた費用の総額は、15億円以上に及ぶという。

 放送を見た視聴者からは「あんなはっきりとしたお金の無駄遣いは初めてみた」「役人に金持たせちゃいけない」「(さつま町の実情を)よくぞ晒してくれた鉄腕ダッシュ。本当にありがとうございます」と皮肉まじりの意見が出ている。

「TOKIO「鉄腕DASH」の企画が仇に?税金の”ムダ使い”で炎上騒ぎ」のページです。デイリーニュースオンラインは、舛添要一都知事鹿児島県ザ!鉄腕!DASH!!日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧