きゃりーに志田未来他、偏食がひどい芸能人たち (1/2ページ)

日刊大衆

きゃりーに志田未来他、偏食がひどい芸能人たち

 バランスのとれた食事が身体にいいことは分かっていても、偏食をやめない人は多い。有名なところだと、メジャーリーガーのイチロー選手(42)は野菜が嫌いなうえ、一時期は毎朝カレーを食べていることが話題になった。また、元サッカー日本代表の中田英寿(39)も野菜嫌いで、スナック菓子が主食だった時期があったという。一流のアスリートなのに食事内容を気にしなくても、身体の調子を維持できるのは驚きだ。

 偏食な有名人は芸能界にも多く、4月に発売した自伝的エッセイ集『黄色いマンション 黒い猫』(スイッチパブリッシング)が話題になっている、歌手で女優の小泉今日子(50)は中学生の頃、ポテトチップスとコーラ、アイスキャンディーが主食だった。アイドル時代は喫煙者でもあったことから肌のトラブルが酷く、当時はそんな自然体すぎる生き方を心配する声もあった。

 モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)は2012年10月、「理想のやきそばきゃりースペシャルを作ってみたよ」と自作の焼きそばの画像をTwitterで公開して話題になった。具は肉とウインナーとモヤシのみ。モヤシ以外の野菜は嫌いらしく「野菜? そんなのいらねぇ! 失せろ!」と罵倒。「今日はじめてセロリを噛んだけど…何あれ花じゃん」と嘆いたり、「ネギ食べれないいらないの」とネギ抜きラーメンの画像を公開している。ただし、おでんの野菜は大丈夫らしいのだが、ある日食べた大根は煮込みが足りなかったのか「許せねぇー! 大根がかたくてめっちゃ大根の味がする!」と、野菜嫌いしか理解できなそうな、理不尽な理由で怒っていた。

 野菜嫌いといえば、女優の志田未来(23)も「ブロッコリーは木だから嫌い」と発言したことがある偏食家。「ハンバーグは玉ねぎとソースが嫌い」「グラタンは牛乳がダメ」など、細かく調理された食材にもこだわり、中学時代は給食をほとんど残していて、唯一好きなツナ缶を毎日食べていたらしい。この偏食のせいで、「わがまま」「性格悪い」と噂されていた頃もあったという。

 俳優の大沢たかお(48)は日に2回は肉を食べるという偏食家で、1か月近くも連続で焼肉に通うこともあるそうだ。昨年3月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で司会の上田晋也(46)に「肉が大好きだそうで。

「きゃりーに志田未来他、偏食がひどい芸能人たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧