ネット著名人は知名度不足?荻上チキ、津田大介らの揺れる”下半身事情”|やまもといちろうコラム (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by photo AC(※写真はイメージです)
Photo by photo AC(※写真はイメージです)

 山本一郎(やまもといちろう)です。私もトランクスを脱ぐと下半身が揺れます。

 ところで、昨今は論壇系の人たちで女性問題を起こす話が立て続けに出ていて、興味津々と言った状態であります。私自身は何事も無い平和主義者ですので、自家発電して漏洩することもなく枯れ木のように日々を風に吹かれて過ごしておりますが、身の回りのネット系でちらほら名前を目にする人や、興味を持って書き物を読んだ著者がやらかすケースを見ると、さすがにちょっとビビります。

 一番「えっ」と思ったのは、荻上チキさん(34)の不倫問題が『週刊文春』(文藝春秋)に暴露され、生々しいLINEでの男女の会話まで晒されていたため、なんだろうと思ったわけです。もちろん、ベッキー騒動のようになんか不自然な漏洩の仕方をしたというよりは、荻上さんに捨てられた女性側が関係者を通じて持ち込んだんだろうなと思われるネタだったため、その望まれぬ禁じられた恋の結論がこんなところで活字となって昇華したと思うと興奮します。

TBSラジオ夜の顔、荻上チキ氏が“一夫二妻”生活!

 荻上さんにとって不幸だったのは、彼自身や周辺が思っているほど、荻上さんの知名度が高くなかったことが割れてしまったことです。これが乙武洋匡さん(40)だった場合は、文字通り連日テレビで報じられ、関係者証言から夫婦間の話の顛末、果ては盛大に行われるはずであった誕生日パーティーに関する情報からその後の離婚騒動まで、延々と話題に上るほどの破壊力だったことは記憶に鮮明に残ります。

 せめて離婚さえ乗り越えられれば、まだまだ乙武さんが果たせる社会的な役割も大きかったであろうし、待っている人もたくさんいるでしょうから是非頑張って欲しいと願う一方で、それまでの乙武さんのイメージとの落差がかなり鋭角だったことが彼の存在感の大きさを教えてくれたように思います。

「ネット著名人は知名度不足?荻上チキ、津田大介らの揺れる”下半身事情”|やまもといちろうコラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、荻上チキ菅野完女性問題津田大介やまもといちろう連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧