EXILE映画『HiGH&LOW』が大ヒット中なのに批判殺到のワケ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

HiGH&LOW THE BOOK 2016年 08 月号より
HiGH&LOW THE BOOK 2016年 08 月号より

 EXILEのHIRO(47)が手がける「HiGH&LOW」プロジェクトの集大成的作品として公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』が、7月16日・17日の2日間で約35万人の観客動員数、約4億8000万円の興行収入を記録した。しかしファンの間では評価が真っ二つに割れ、報道関係者の評判もイマイチだ。

■「泣ける作品」「内容も演技も最悪」と分かれる評価

 EXILEや三代目 J Soul Brothersなど芸能事務所「LDH(Love+Dream+Happinessの略称)」のメンバーが多数出演する『HiGH&LOW THE MOVIE』。16日から3日間にわたって展開された200回の全国行脚舞台挨拶が功を奏したのか、大ヒットを記録した。

 公開初日の16日には、俳優の斎藤工(34)がTAKHIRO(31)と登坂広臣(29)の兄役として出演する第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』が10月8日に公開することも情報解禁されている。

 勢いに乗っている……と言いたいところだが、作品の評価は賛否両論。某映画評価サイトでは「感動が大きい、泣ける作品」「ハリウッド顔負けの映画」と絶賛する意見がある一方、「途中で出ようか……と考えた映画は生涯で初めて」「金返してレベル。内容も演技も最悪」と罵倒する意見も。低評価と高評価が驚くほど二分している。

「EXILE映画『HiGH&LOW』が大ヒット中なのに批判殺到のワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、三代目 J Soul BrothersHiGH&LOWLDHEXILEエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧