世間とズレてる?和田アキ子の”紅白落選”に松本人志や西川史子らが異論 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

和田アキ子「All Right!!!」より
和田アキ子「All Right!!!」より

 第67回NHK紅白歌合戦の出演者発表で、歌手の和田アキ子(66)が落選したことによる波紋が広がっている。これまで歴代女性歌手最多の39回出場し、大トリや司会まで務めるなど紅白への貢献度が高かった和田の落選の一報を受け、「NHKはよく決断した」という声に代表される一般視聴者の声に反し、芸能界では次々と「和田擁護」の発言が噴出する違和感を見せている。

■芸能界からは“和田擁護”の声ばかり

「“出場40回”が区切りになるかと思われていた和田でしたが、39回目にして落選の憂き目にあった。今年唯一リリースした新曲『All Right!!!』は鳴かず飛ばずで、ヒットチャートにも乗らずじまい。紅白落選は自然の成り行きとも見て取れるが、“芸能界の論理”ではそうはなりません」(スポーツ紙記者)

 NHKが今年の紅白出場を発表してすぐの週末には、テレビで和田を擁護する発言が立て続けに流された。関西で絶大な人気を持つタレントの上沼恵美子(61)は27日、『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、「和田アキ子さん、出てよ、アッコさん!」と大声で呼びかけている。「(紅白は)年寄り向けでいい」と持論を展開し、和田の落選に異議を唱えている。

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧