裏切者は見たくない?木村拓哉の新ドラマ「A LIFE」に不穏な声が噴出 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「A LIFE~愛しき人~」公式サイトより
「A LIFE~愛しき人~」公式サイトより

 心機一転の“新人姿勢”は吉と出るか凶と出るか。1月15日にスタートする元SMAPの木村拓哉(44)主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に対し、SMAPの一部女性ファンの間で「見ない」と不視聴の声などが出ている。

■「裏切者は嫌いだから見ない」の声も

 SMAP解散後、初の連続ドラマでアメリカ帰りの外科医・沖田一光を演じる木村。『プライド』(フジテレビ系)以来13年ぶりに竹内結子(36)とタッグを組む他、松山ケンイチ(31)や木村文乃(29)、菜々緒(28)、浅野忠信(43)、及川光博(47)などと共演する。

 TBS伝統の日曜夜9時枠の『A LIFE』は、初回を25分拡大で放送するなどかなりの力の入れようだ。期待する声も多い中、一部から「裏切者が主演だから見ない」「現実を知るがいいよ」などと冷ややかな声以外に、「仕事なんかしてる暇あったらまず元メンバーとの仲を取り戻せ」なんて揶揄も飛んでいる。

「まだ第1話も始まっていない状況で拒否反応を受けるのはフジくらい。TBSにしては珍しい兆候ですが、それは木村を主役に据えた“副作用”であり致し方ないところ。SMAP解散の直接原因と目される木村はもちろんのこと、ファンの間でやり玉に挙がっているのが、結果的に裏で“暗躍した”と一部で報道された工藤静香(46)の存在。12月31日に開かれた“SMAP最後の晩餐”に関しても工藤の影響が取り沙汰されている。“最後の最後までSMAPの交友を邪魔した工藤”、そして”その工藤に従った木村”と見なすファンがいるようです」(芸能関係者)

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧