【プロ野球】地域密着を推し進めながらDeNAの大躍進を牽引した球団リーダーが交代。この動きは吉と出るか!? (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

DeNAの大躍進を牽引した球団リーダーが交代
DeNAの大躍進を牽引した球団リーダーが交代

 日本のプロ野球における球団経営も進化し、メジャーリーグのようにチームマネージメントが球団の浮き沈みに影響を大いに与えるようになってきた。

 まさにその成功例といえば2016年までの5年間のDeNAだろう。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■はじまりはNPB最年少社長の就任

 2016年シーズンの終わりとともに退任した池田純前社長は、2012年にNPB最年少球団社長として就任。このときから数々の話題を創り出し、地域に根づいた球団運営でチームを活性化。5年で万年最下位球団をCS進出まで押し上げた。

 DeNAで数々のプロジェクトを手がけた池田前社長は、大手の商社や広告代理店に勤務し、また、生き馬の目を抜くシビアな業界でベンチャー企業の経営してきた経歴の持ち主。そして長年、横浜に住む生粋のハマっ子でもある。革新しようとするDeNAにはうってつけの人材だった。

■大胆なリストラ断行、そして買収

 親会社が変わり、池田前社長の就任によって旧態依然とした球団の体質はガラッと変わった。スタッフの顔ぶれも若返り、大胆な施策が次々と繰り出された。そして極めつけは、使用料が大きな負担となり球団財政をひっ迫していた横浜スタジアムの問題を、運営会社の買収という一手で解決させたこと。限界と思われるビジネス的なラインを突破して、球団を企業として蘇らせたと言っていいだろう。

「【プロ野球】地域密着を推し進めながらDeNAの大躍進を牽引した球団リーダーが交代。この動きは吉と出るか!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、池田純DeNA野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧