中居正広が水面下で準備中?”SMAP商標登録”の買い戻し計画 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 いよいよ独立に向けた動きが本格化してくるのか、元SMAP・中居正広(44)の活動がアグレッシブだ。中居正広が司会を務めるバラエティ番組、『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が、4月からゴールデン枠に進出することが決定したが、初回の24日放送回は、昨今のバラエティでは異例の生放送になると発表された。

 一部メディアは、中居が自ら望んで生放送を提言したと報じており、あえてそのプレッシャーに立ち向かう中居の姿勢に称賛の声があがっている。だが一方で、生放送というハードルの中で、自身の司会スキルを存分に発揮することで、ジャニーズ事務所の後ろ盾なしでも「やっていける」という、無言のアピールをしているのではとみる関係者もいるようだ。

 SMAP解散後も司会業で“一人勝ち状態”ともいわれる中居は、ジャニーズ事務所との契約が終了する9月に、新事務所を設立して独立することが濃厚とされているという。新事務所設立に際しては、中居自ら数億もの貯金を切り崩して立ち上げるともいわれているが、実はその先の計画で、さらなる巨額が動くと噂されているのだ。

「ここへ来て一部メディアが、独立後に中居がSMAPを再結成させると画策していると報じました。その際に、“SMAP”の商標登録をジャニーズから買い戻すためかなりの金額を払っても構わないと思っているとか。とはいえ、SMAPがもし再結成となれば相当な経済効果が望めますから、中居としては必ず回収できると踏んでいるといいます」(芸能記者)

 ジャニーズ事務所が憤慨してもおかしくなさそうな話だが、水面下では既に暗黙の了解を得ているという噂もあるという。ジャニーズ事務所には、中居という“ドン”に立ち向かう気力がなく、既に白旗をあげたということなのだろうか。

「中居正広が水面下で準備中?”SMAP商標登録”の買い戻し計画」のページです。デイリーニュースオンラインは、中居正広のミになる図書館中居正広SMAPジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧