【プロ野球】いてまえ打線が杜の都で復活! 楽天・梨田昌孝監督の超攻撃采配を表す「興味津々の数字」 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

楽天・梨田昌孝監督の超攻撃采配を表す「興味津々の数字」
楽天・梨田昌孝監督の超攻撃采配を表す「興味津々の数字」

 楽天が依然として絶好調だ。先週末は昨季の覇者・日本ハムを大食らいし、対戦カード1巡目を終えての成績は10勝2敗。2位との間に2.5ゲーム差をつけ、首位をがっちりキープした。

 優勝予想にソフトバンクを挙げた数多くの評論家を慌てさせる「球団史上最高の開幕ダッシュ」を見せている。

(成績は4月17日現在)

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■躍進を支える「杜のいてまえ」超攻撃的打線

 躍進の原動力は「杜のいてまえ」打線だ。梨田昌孝監督が指揮を執り、リーグ優勝を飾った2001年の近鉄のように、とにかく打線がよく打つ。驚くほどよく点を取る。

 1番に茂木栄五郎を据え、2番にペゲーロを置く「超攻撃的な布陣」が面白いようにハマった。1試合平均5.42得点は、日本一になった2013年の4.36得点をも上まわる爆発力を誇る。

 ホームランは開幕12試合で11本。気は早いがシーズン131本ペースだ。3点差以上を追いかけての逆転勝利が早くも2試合あるのもうなずける。

■オリックスとは対照的、楽天の犠打の数

 ここで、超攻撃的な今シーズンの楽天をよく表す「興味深い数字」を紹介したい。それは犠打の数だ。

 2位のオリックスがすでに19個の犠打を記録しているのに対し、楽天は7個。その7本は9番を任されている「小技のデパート」嶋基宏によるお仕事。犠打失敗を含めても、バント策に従事したのは嶋、茂木、島内宏明の3人にとどまっている。

■無死一、二塁からのバントがゼロ!

 超攻撃的な采配のなかでも筆者の特に注目するのは、無死一、二塁での采配だ。

 無死一、二塁は判で押したようにバント策が多くなる場面。事実、大久保博元監督が采配をふるった2015年の楽天は、この状況において53パーセントの割合でバント策を採った。梨田監督就任1年目の昨シーズンも38パーセントがバント策だった。

 しかし、今シーズンは無死一、二塁からのバント策が1度もない。7度の機会のうち6度までが、確実に加点したい「3回以降での3点差以内」の接戦にもかかわらず、犠打で一死二、三塁を作りにいくケースがなく、全て強攻策に出ている。

注目記事
「【プロ野球】いてまえ打線が杜の都で復活! 楽天・梨田昌孝監督の超攻撃采配を表す「興味津々の数字」」のページです。デイリーニュースオンラインは、梨田昌孝楽天野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧