小倉優子に”第二の千秋”の存在感?離婚バブルとキャラ変で再評価も

デイリーニュースオンライン

「小倉優子の幸せごはん 」より
「小倉優子の幸せごはん 」より

 タレント・小倉優子(33)の“離婚バブル”が続いているようだ。小倉優子は3月に、カリスマ美容師の元夫が、小倉優子の所属事務所のタレントと不倫していた事が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられたこともあり、離婚。現在は、さまざまなバラエティ番組にひっぱりだことなっている。

 19日に放送された『良かれと思って!~今お節介したい芸能人を緊急呼び出し!初回90分SP~』(フジテレビ系)では、現在仕事が増えているのも“離婚バブル”であることを自覚しており、今後は“細く長く仕事がしたい”と意外に堅実な考えを語る一幕があった。そんな小倉は、今後はぶっちゃけキャラに転向するのではと囁かれている。

「こりん星にしろ、ママタレの頃にしろ、彼女はキャラクターをうまく活かしながら渡り歩いてきました。本人曰く“細く長く”仕事をするため、こりん星や離婚などこれまでの自身の経験をフックに、再びバラエティで頭角を現すかもしれませんね」(芸能関係者)

 一連の騒動で芸能界から消えていくとも思われた小倉だが、一部関係者の中ではママタレとして活動していた段階から、心の準備があったのではないかのと声もある。

■したたかさで芸能界を渡り歩く小倉優子

「育児本や料理本なども出版し、ママタレとしては比較的安定的な活動をしていたのではないかと思います。しかし、芸能界にはさまざまな“ママタレ”が君臨していることや、やや飽和状態であったことから、危機感を常に感じていたのでしょう。そのため、今回の離婚は小倉にとって、次なるステップを踏むためとプラスにとらえている可能性もあります」(前出・芸能関係者)

 実際に小倉は、『いつかボクらもご意見番 コメンテーター予備校』(日本テレビ系)では、生放送のレギュラーがあれば生活が安定するから、コメンテーターの仕事が欲しいと意気込みを語り、自身の経験を通した“不倫がばれにくい方法”などの持論を展開していた。

「元々小倉は見た目に反して頭が切れるタレントでした。関係者の中では、いずれは千秋(45)のような存在感が出てくるのではないかと言われています。商才もありそうなので、タレントだけではない新たな新規ビジネスの展開を行うことも考えられますね。大きなスキャンダルを乗り越えたタレントは強い。今後もしたたかに、そしてしぶとく生き残るでしょうね」(前同)

 かつてとは違うキャラクターで、今後は活動の場を広げていきそうだ。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)
※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。
「小倉優子に”第二の千秋”の存在感?離婚バブルとキャラ変で再評価も」のページです。デイリーニュースオンラインは、小倉優子週刊文春ママタレ不倫騒動離婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧