豊田真由子議員、釈明会見で本性隠しきれず?謎の笑顔と逆ギレで批判殺到 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

豊田真由子公式サイトより
豊田真由子公式サイトより

 元政策秘書に対する「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑によって自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)が、9月18日に自身の選挙区である埼玉県新座市で支援者向けの会合を開催し、その後に騒動後初の会見を開いた。だが、この会見内容がメディアで批判の的となっており、ネット上でも「謝罪の態度が違うだろー!」などと非難が集中。むしろ逆効果だったのではないかと思えるほどの窮地に立たされている。

■新潮記者に逆ギレ…「反省モード」でも隠し切れない本性?

 会見はいきなり「豊田議員のメイク待ち」で40分遅れとなる波乱のスタート。豊田議員は自身の進退に関して「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」と議員続行を表明し、10月にも行われる可能性がある次期衆院選についても「選挙に受からなければ議員は続けられない」と事実上の出馬宣言が飛び出した。

 精神不安定を理由に入院している豊田議員はこの日も病院から会場入りし、途中で「耳鳴りが……」と弱々しくうずくまる一幕もあった。

 だが、会見終盤に暴言テープの存在を最初にスクープした『週刊新潮』(新潮社)の女性記者からの質問で表情が一変。「お前の娘が通り魔に強姦されたらどうするんだ」と発言した事実を豊田議員が当初否定していたことを追及された途端、眉を吊り上げてキレ気味の口調で「『(脅迫する)趣旨で申しあげたのではありません』と返したのです」と反論し、それまでの反省モードが吹き飛びそうな状態になった。

 この会見を取り上げた19日放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、司会の坂上忍(50)が「あれを見たら、みんな、コイツ、これからも変わらねえなと思っちゃう」と辛辣コメント。同日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)でも、司会の真矢ミキ(53)が「人格が戻ってきている気がする」と指摘した。

「豊田真由子議員、釈明会見で本性隠しきれず?謎の笑顔と逆ギレで批判殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、豊田真由子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧