積極的に食べたいメニューとは言えないのに商品化の謎。『ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば』の裏切りのニンニク味に驚愕! (1/3ページ)

おためし新商品ナビ

積極的に食べたいメニューとは言えないのに商品化の謎。『ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば』の裏切りのニンニク味に驚愕!

いろいろな変わり種焼きそばを次々リリースして楽しませてくれるペヤング。今度のターゲットは、何と”野菜炒め”だという。確かに野菜をとれてヘルシーで、たまに食べれば美味しいメニュー。でもそんなに人気のあるものではない気がするのだが…。そんな『ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば』を食べてみたい。
■してやられた! 野菜はいつもよりたっぷりめだが、それより何よりニンニクの香りが強力でオフィス食べは難しい油断禁物タイプ
わかめやパクチーを入れすぎてみたりのMAXシリーズなどで常に楽しませ続けている冒険メーカーのまるか食品(群馬県伊勢崎市)。これはそうした極限追求ではないタイプの代わり味シリーズ。今回は”野菜炒め”をテーマに『ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば』(118gうち麺90g・希望小売価格 税抜175円・2018年3月19日発売)を作り上げた。

「お昼、何にする?」
「今日のランチは野菜炒めが食べたいな」
という会話の機会はそんなに多くないと思う。せめて肉野菜炒めまでいかないと、なかなか主役としては物足りないし、人にプロフィールを聞かれて、「好きな食べ物は、野菜炒め!」と答える人も稀だと思う。

それくらい地味なメニューだと思う、野菜炒めは。ピリ辛ということだが、それでもやはり積極的に食べたくなることはなかなか無い。こうした変わり味麺というものは、豚骨やニンニク、カレーなど、いわゆる引きのあるパワーフードをテーマにするのが普通。メニューにしても担々麺や油そばなどのパワーメニューを持ってくるはず。

「積極的に食べたいメニューとは言えないのに商品化の謎。『ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば』の裏切りのニンニク味に驚愕!」のページです。デイリーニュースオンラインは、野菜炒め野菜たっぷりニンニクガーリックカップ焼きそばカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧