みやぞん、トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!? (1/2ページ)

日刊大衆

みやぞん、トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!?

 8月25日から26日にかけて放送された『24時間テレビ41“愛は地球を救う”』(日本テレビ系)のチャリティーランナーを務め、見事完走したANZEN漫才みやぞん(33)。しかし翌27日放送の『みやぞん史上初の挑戦!完全密着!24時間トライアスロン』(同)にも生出演し、「翌日くらい休ませろよ」と日本テレビに対し、批判の声が上がっている。

 みやぞんのチャリティーマラソン起用が発表されたのは、今年6月放送の『世界の果てまでイッテQ!』(同)内でのこと。さらに今回はマラソンだけではなく、水泳と自転車も含めたトライアスロン形式で行われることも明かされた。

 27日放送の『みやぞん史上初の挑戦!』では、みやぞんのマラソン起用が決定してからの舞台裏に密着。カメラ30台で撮った、のべ5480分の全記録として、山梨県西湖での水泳練習や病院で受けた事前検査の様子まで放送していく。流れたのは2カ月間をまとめたVTRだが、進行役の日本テレビ蛯原哲(44)アナウンサーによると、編集と放送は同時進行。みやぞんは編集室でのオープニングトークに参加し、VTR中もワイプで顔が映され続けた。

 番組ラストには、坂本雄次(71)トレーナーからの手紙も読み上げられ、終始気を抜けなかったみやぞん。

「みやぞん、トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ANZEN漫才みやぞんメレンゲの気持ち世界の果てまでイッテQ!24時間テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧