<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>YOSHIKIの“破天荒”な過去…布袋寅泰とは和解した? (1/2ページ)

リアルライブ

<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>YOSHIKIの“破天荒”な過去…布袋寅泰とは和解した?

 26日に放送された「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にX JAPANのYOSHIKIが初出演した。YOSHIKIは、盲目の天才ドラマー少年の夢を叶えるべく、アメリカ・ロサンゼルスから、ライブパフォーマンスを終えた直後に日本武道館へ駆け付けたのだ。少年はX JAPANの大ヒット曲『紅』をドラムで演奏。続けて、同グループの『ENDLESS RAIN』では、少年がドラムを叩き、YOSHIKIがピアノを弾くという夢のセッションを実現。会場は感動の渦に包まれ、パフォーマンス時の視聴率は28.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 また、YOSHIKIは、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演したという。さらに、この日も自らステージで寄付金300万円の目録を手渡し、会場では盲目の少年に気を配りながら手を引く姿が印象的だった。そして、セットまでゆっくりエスコートする姿は大人として立派であり、世間からも絶賛の嵐である。

 しかしながら、YOSHIKIの若い頃の破天荒ぶりには、伝説に残るエピソードが多々ある。些細な理由で激高し、収録や撮影の予定をドタキャンするなど、大の大人の対応とは程遠い横暴ぶりであった。特に遅刻に関しては常習癖があり、業界でも有名な話。だが、この遅刻が先輩ギタリストの布袋寅泰を激怒させた事件が起こり、以降両者は共演NGといわれてきた。

 1994年、奈良の東大寺にて『The Great Music Experience』が開催された。出演アーティストは、ボブ・ディラン、ジョン・ボン・ジョヴィ、ジョニ・ミッチェル、クイーンのドラマーとして活躍したロジャー・テイラーなど、世界的に有名な顔ぶれが勢揃いした。日本代表としてエントリーされた中にいたのが布袋と、YOSHIKI率いるX Japanであった。

 事件は、そのリハーサルで起こった。大スターたちが定刻通りに集結し、最終確認を行う中、YOSHIKIは悪びれる様子もなく遅刻をして登場。そのわきまえのないYOSHIKIの態度が、布袋の導火線に火を付けた。

 コンサート終了後の打ち上げで、布袋の元へ挨拶に来たYOSHIKIに対し、「Xってのは何だよ!?」と息巻いたという。

「<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>YOSHIKIの“破天荒”な過去…布袋寅泰とは和解した?」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧