松田聖子と中森明菜「あなたには負けない」“知られざる”36年の秘話 (1/3ページ)

日刊大衆

松田聖子と中森明菜「あなたには負けない」“知られざる”36年の秘話

 1980年、秋に引退する山口百恵(59)の所属レコード会社のCBSソニー(当時)は、“ポスト百恵”発掘を急務とした。

 オーディションでソニー関係者にスカウトされ、大手芸能プロダクション・サンミュージック入りした松田聖子(56)が18歳でデビューしたのは、その年の4月だ。ただし、彼女はプロ野球選手にたとえると、ドラフト会議での外れ1位指名のような新人だった。

 というのも、当初、ソニーとサンミュージックには、中山圭子という別のイチオシ新人がいたのだ。

「聖子より2歳若い彼女は80年2月にデビュー。ところが期待を裏切り、コケてしまう。そこで両社は、無慈悲にも早々と中山に見切りをつけ、二番手に控えていた聖子に宣伝予算をつぎ込むんです。なお、デビューに際し、“新田明子”なる芸名も候補に挙がっていたとか」(音楽関係者)

 デビュー曲『裸足の季節』発売時のキャッチフレーズは、「抱きしめたい! ミスソニー」。“ポスト百恵”本命への格上げだった。

 80年組の女性アイドルは他に、岩崎良美(57)、河合奈保子(55)、三原順子(54=現・じゅん子)、柏原よしえ(53=現・芳恵)らがいたが、2曲目の『青い珊瑚礁』のヒットで、聖子はトップに浮上する。

 当初は“ぶりっ子”と揶揄もされたが、8枚目の『赤いスイートピー』の歌詞が共感を呼び、女性からも支持を集めていく。

「曲の魅力だけではなく、仕事の充実と、女の歓びを同レベルで追求し続けたことで、聖子は女性ファンを増やしていきます」(元女性週刊誌記者)

 デビュー2年目には、歌手の郷ひろみ(63)との交際が報道されている。

「松田聖子と中森明菜「あなたには負けない」“知られざる”36年の秘話」のページです。デイリーニュースオンラインは、近藤真彦松田聖子中森明菜エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧