加藤綾子、高橋真麻の「私の7倍」告白で判明した「フジ年間2億円契約」 (1/2ページ)

日刊大衆

加藤綾子、高橋真麻の「私の7倍」告白で判明した「フジ年間2億円契約」

 2月19日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)が話題となっている。

 この日の「スナック有吉」のコーナーには、番組レギュラーの元フジテレビアナウンサー・高橋真麻(37)のほか、元日本テレビの馬場典子(44)、元テレビ朝日の石井希和(41)、元NHKの神田愛花(38)、元TBSの吉田明世(30)ら人気フリーアナウンサーらが登場し、女子アナトークを繰り広げた。

 全員がフリーの女子アナということで、話題はフリーアナの金銭事情を明かす展開へ。高橋は元フジテレビの高島彩(40)にギャラを尋ねたことがあるようで、「(局員時よりも)マルが1個違いましたね」と暴露。さらに自身の後輩である“カトパン”こと加藤綾子(33)のギャラについて「カトパン、私の7倍」と明かした。

「この高橋真麻の発言でカトパンの収入がほぼ分かりましたよ」というのは制作会社関係者。

「真麻の番組1本あたりのギャラは15~20万円。カトパンはその7倍ということですから、1本あたりの出演料は約100万円ということになります。

「加藤綾子、高橋真麻の「私の7倍」告白で判明した「フジ年間2億円契約」」のページです。デイリーニュースオンラインは、吉田明世高島彩高橋真麻加藤綾子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧