室井佑月“ネトウヨ”とバトルし過ぎて『ひるおび!』降板か (1/2ページ)

まいじつ

室井佑月“ネトウヨ”とバトルし過ぎて『ひるおび!』降板か

昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)にコメンテーターとして出演している作家でタレントの室井佑月が、近々、番組を〝クビ〟になるのではないかとウワサされている。

番組での室井はリベラル派の代表として、たびたび現政権や保守層を批判してきた。しかし、その場の思いつき程度の発言も多く、最近は支持していた主婦層からも呆れられ始めているという。

11月7日、室井は自身のツイッターで、《ま~た、ネトウヨがあたしのデマ流してる。あたしが政治は皇室利用せよ、といったとか。きちんとコラムを読めばそういうことじゃないとわかるのに。キショいしキモい》とツイートし、やりあっている右派層をけん制。しかし、2017年11月に自身が連載する『週刊朝日』で「もちろん、天皇陛下は政治的発言をしてはいけないことも知っているし、その発言を政治的に利用してもいけないことは知っている。けれど、国民全員が、真剣にこの国について考えるには、もうそれ以外ないと思う」と発言していたことがネット民によって暴露され、プチ炎上状態となっている。

ま〜た、ネトウヨがあたしのデマ流してる。あたしが政治は皇室利用せよ、といったとか。きちんとコラムを読めばそういうことじゃないとわかるのに。キショいしキモい。

— 室井佑月 (@YuzukiMuroi) November 7, 2019

https://platform.twitter.com/widgets.js

「『ひるおび』での室井の立ち位置は、〝リベラルな主婦目線〟でした。難しい思想や歴史観よりも、主婦の目線で政治に切り込む姿勢が求められていたのです。

「室井佑月“ネトウヨ”とバトルし過ぎて『ひるおび!』降板か」のページです。デイリーニュースオンラインは、室井佑月ひるおび!TBS降板ツイッターエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧