たけしが松本がイチローが!! 有名人たちの「中国韓国メッタ斬り」痛快発言録 (1/4ページ)

日刊大衆

たけしが松本がイチローが!! 有名人たちの「中国韓国メッタ斬り」痛快発言録

「横暴が過ぎる彼の国には我慢できない」普段の姿からは想像できない、著名人の魂のコメントに日本国民は耳を傾けよ!



中国、韓国に対して日本人が持つ不信感が、日に日に高まっている。
尖閣問題、爆買いトラブル、安倍政権との摩擦など問題山積の日中関係だが、日本人にとってゾッとする出来事が、またしても露呈した。在北京記者が話す。
「6月29日付の中国紙で明らかになったんですが、北京市内の食肉加工場が、大量の水を注入して文字通り"水増し"した豚肉を販売していたというんです。しかも、その豚肉からは口にすれば死に至るほどの成長促進剤も検出。かねてより問題になっている中国の"食の安全"は、まったく改善されていないんです」

同時に、韓国との関係も芳しくない。6月22日に日韓国交正常化50周年を迎えたのだが、当初予定されていた両国トップの訪問は中止。また、最終的には柔軟姿勢を示したものの、日本が推薦する世界遺産『明治日本の産業革命遺産』の登録に反対する姿勢を取っていたことから、関係は最悪なのだ。

このように、不幸にも、傍若無人過ぎる国に隣接している日本。それゆえ、反中反韓感情は日を追うごとに高まっているが、同時に、「芸能人の、そうした発言が増加傾向にある」と話すのは、芸能事情に詳しいライターの尾谷幸憲氏だ。
「一昔前では考えられませんでしたが、東日本大震災以降、"このままでいいのか?"という危機感が芽生えたからか、増えているように感じられます」

先に触れた"食の安全"。
"水増し豚肉"が発覚する直前の19日、ワイドショー『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、中国がオーストラリアや日本から牛肉を大量輸入している話題を取り上げ、宮根誠司はこの実態について、
「自分の所の食の安全を考えると、他の所の安全な物を食べようと思うとちゃうやろか」と、中国産食材をバッサリ。

コメンテーターとして出演していたお笑いタレントのガダルカナル・タカも、「中国だから、あるはずがない物があってもおかしくない。いろんな物がある。信じられない物まで」 と危険性を訴えたのだ。

「たけしが松本がイチローが!! 有名人たちの「中国韓国メッタ斬り」痛快発言録」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧