栄養価は低い!? 粉ミルクよりも母乳をWHOが推奨するワケ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

赤ちゃんにとって母乳と粉ミルク、どちらが良いのか?
赤ちゃんにとって母乳と粉ミルク、どちらが良いのか?

 母乳の販売が問題になっている。あるサイトでは 授乳6ヶ月の母乳が50mlあたり1200円、12ヶ月が50mlあたり800円で販売されていた。食品として考えると非常に高い。それでも欲しいというユーザーは多く、人気があるらしい。

 誰が買うのかというと母親だ。フェチ的な用途で買うユーザーもいるようだが、主な顧客はあくまで母親。母乳で子供を育てたいが、自分から十分に母乳が出ないため、買うらしい。現代版の乳母である。

 ビジネスになれば、そこに偽物や不衛生なものが混じってくるのは世の常だ。さる7月3日、毎日新聞は通販の冷凍母乳に、一般的な母乳の1000倍もの細菌が混入、さらに母乳を謳いながら粉ミルクで水増ししたものだと判明した。

 身元不明の母乳はHIVなどのウイルスに感染していないとも限らず、安全が担保されていない。同報道を受け、厚生労働省は全国の自治体に、身元不明の母乳販売について注意を呼びかけた。

母乳に含まれる天然の殺菌剤「ラクトフェリン」

 赤ん坊は母乳で育てなければならないというのは、一種の神話になっている。母乳が極めて優れた食品であることに間違いはない。もっとも特徴的なのは、強力な抗酸化作用を持つタンパク質『ラクトフェリン』を大量に含んでいることだろう。ラクトフェリンは鉄と結合しやすいが、大腸菌など体に悪影響を及ぼす最近は鉄分がないと増殖できない。

 だから母乳を飲むと腸内では細菌は繁殖できなくなる。ラクトフェリンは天然の殺菌剤なのだ。また母親の持つ免疫情報は免疫抗体物質=免疫グロブリンとして母乳内に分泌され、子供に継承される。

 粉ミルクがいくら母乳に近づこうとしても、この免疫システムは真似できない。ラクトフェリンも酸化しやすいため、粉ミルクなどに添加しても母乳のラクトフェリンのような効果はないと言われてきた。さらにWHOが母乳による子育てを推奨していることもあり、母乳でなければ子供が育てられないとかたくなに思いこんでしまうお母さんたちが増えてしまったわけだ。

「栄養価は低い!? 粉ミルクよりも母乳をWHOが推奨するワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、子育て女子健康女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧