正義の銀行員のはずがまさかの?『陸王』第7話で衝撃の展開も14.7%に微減

デイリーニュースオンライン

Photo by CNE CNA C6F(写真はイメージです)
Photo by CNE CNA C6F(写真はイメージです)

風間俊介が出演するドラマ『陸王』(TBS系)の第7話が12月3日に放送され、視聴率は前回から1.7ポイントダウンの14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均)だったことがわかった。  本作は埼玉県行田市で100年以上続く老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」を舞台に、会社存続をかけてランニングシューズ「陸王」の開発に心血を注ぐ人々を描く企業ドラマ。風間演じる銀行員・坂本太郎は埼玉中央銀行で融資を担当しており、こはぜ屋...

注目記事
「正義の銀行員のはずがまさかの?『陸王』第7話で衝撃の展開も14.7%に微減」のページです。デイリーニュースオンラインは、陸王風間俊介ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧