羽生結弦、金メダル取材での「国旗は下に置けない」発言に日本中で称賛の声

デイリーニュースオンライン

羽生結弦、金メダル取材で「国旗は下に置けない」発言に日本中が感動の嵐
羽生結弦、金メダル取材で「国旗は下に置けない」発言に日本中が感動の嵐

フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が17日、ソチ五輪に続いて平昌でも金メダルを獲得する偉業を果たし、日本中が沸いた。二大会連覇はフィギュアスケート男子ではなんと66年ぶり。また2位に同じ日本代表の宇野昌磨(20/トヨタ自動車)が入り、史上初となる「日本人2人の表彰台」とあって、都心では号外が配られる盛り上がりをみせた。  羽生は17年11月にNHK杯の練習で右足首靱帯を負傷。4カ月のブランクを経た今大...

「羽生結弦、金メダル取材での「国旗は下に置けない」発言に日本中で称賛の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、平昌冬季オリンピック羽生結弦エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧