1万6000円台突破も「個人証券取引」がさっぱり盛り上がらないウラ事情

デイリーニュースオンライン

1万6000円台突破も「個人証券取引」がさっぱり盛り上がらないウラ事情

アベノミクス効果のあらわれか。2008年には7000円台割れも記録した日経平均株価も、今では1万6000円台まで回復(2014年9月時点)。今年度には「1万8000円超えも」(国内証券大手リテール)と強気の声も聞こえるほどだ。  だが、今回の“アベノミクス景気”では、かつての好景気時と比べ国内証券各社の動きがやや鈍いとの声が金融関係者や個人投資家の間で上がっている。 時代性が反映される金融商品  いくつかの国内証券各社...

「1万6000円台突破も「個人証券取引」がさっぱり盛り上がらないウラ事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、アベノミクス証券会社マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧