【東京五輪】新国立競技場、入札不調のキナ臭い話

デイリーニュースオンライン

【東京五輪】新国立競技場、入札不調のキナ臭い話

写真/JAPAN SPORTS COUNCIL  2020年東京オリンピックの象徴となる建造物は、神宮外苑に建設される新国立競技場である。開閉式の屋根を持つ流線型のデザインを目にした人は多いだろう。  工事は、50年前に建設された現競技場の解体工事から始まるのだが、入札不調が相次いで遅れに遅れ、現在、3回目の入札公告中。開札は12月2日を予定、工期は来年の9月までとなった。  工区は北と南の2つに分かれ、最初の入札は、準大手...

「【東京五輪】新国立競技場、入札不調のキナ臭い話」のページです。デイリーニュースオンラインは、新国立競技場東京オリンピック社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧