土地売買のトラブルか…世田谷一家殺害事件14年目の真相(前編)

デイリーニュースオンライン

警視庁作成のポスターより
警視庁作成のポスターより

「いまだ解決に至っておらず申し訳ないと思う。ささいな情報でも寄せて頂きたい」  12月21日、現場近くの小田急線成城学園前駅で報道陣にこう語ったのは、警視庁の青木樹哉捜査1課長である。この日、情報提供を呼びかけるチラシを捜査員とともに配っていたのだ。  2010年4月に公訴時効が廃止されたことで、世田谷一家4人殺害事件(以下・世田谷事件)も「時効撤廃」が適用され、犯人が逮捕されない限り永遠に捜査が継続され...

注目記事
「土地売買のトラブルか…世田谷一家殺害事件14年目の真相(前編)」のページです。デイリーニュースオンラインは、犯罪警察殺人事件裏社会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧