【神戸連続児童殺傷事件】元少年Aの「絶歌」出版までの舞台裏

デイリーニュースオンライン

あの大物社長が暗躍!?
あの大物社長が暗躍!?

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が、「元少年A」の名前で発表した手記「絶歌」(太田出版)が話題となっている。  猟奇的な犯行に至るきっかけとなったのが、小学5年の時に経験した「最愛の祖母の死」だったとし、自身の性的倒錯も告白。殺害しバラバラにした土師淳君(当時・11)で「殺人よりも更におぞましい行為に及んだ」と自慰行為を行ったことを示唆した。  手記では、関東医療少年院から出...

「【神戸連続児童殺傷事件】元少年Aの「絶歌」出版までの舞台裏」のページです。デイリーニュースオンラインは、犯罪殺人事件マスコミ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧