元少年A「手記」の波紋…触発されるサイコパス予備軍

デイリーニュースオンライン

“二次被害”が懸念される
“二次被害”が懸念される

1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件、通称「酒鬼薔薇聖斗事件」。その加害男性「少年A」が書いた手記が、今波紋を呼んでいる。  出版元の太田出版から、遺族に出版前の事前連絡はなく、遺族は精神的苦痛を与えられたとして出版中止を求めている。また、すでに少年法に守られる年齢ではないが、「匿名」として実名を明かさない点も問題視されている。  この本が出版されたことで、出版の是非、表現の自由、犯罪者が自分の犯...

「元少年A「手記」の波紋…触発されるサイコパス予備軍」のページです。デイリーニュースオンラインは、少年法犯罪殺人事件マスコミ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧