絶頂期からバブル崩壊へ…過去の経済に見る4つの知恵 (1/2ページ)

Woman Money

絶頂期からバブル崩壊へ…過去の経済に見る4つの知恵

http://www.shutterstock.com/

その昔、日本にも“バブル”という経済の絶頂期がありました。

Woman Moneyの過去記事『30年に1度の「バブル」到来!? 過去の経済に見る3つ知恵』では、プラザ合意から土地神話によるバブルの絶頂までをお伝えしました。

今回は、ブラックマンデーからバブルの崩壊までの出来事から学ぶ知恵についてお伝えします。

■1:ドルが大きく動くと、翌日にはアジアの各市場にも連鎖する

不動産バブルによって、多くの人がお金持ちになり、好景気になりました。通常、好景気になると、金利は引き上げられます。ところが、金利を引き上げようと考えていた矢先、アメリカの株価(ダウ平均)が、いきなり508ドルも下がってしまいます。これは1987年10月19日(月)に起こりました。月曜日に起こったことなので“ブラックマンデー”と呼ばれます。このブラックマンデーの下落率は22.6%で、翌日にはアジアの各市場にも連鎖し、日経平均株価は3,836.48円安の21,910.08円になりました。

このタイミングで日本が金利を引き上げてしまったら、高くなった日本円の金利を狙ってアメリカから資金が流れ込み、アメリカの株式市場がさらに下がってしまうかもしれないので、日本は金利の引き上げを見送ることにしました。

■2:いきなり政策をキツくすると、反動が予想以上に大きくなる

しばらくの間、金利の引き上げを見送っていましたが、1989年5月、ついに日本は金利の引き上げを行います。ずっと2.5%だったのが、3.25%になりました。そして段階的に金利の引き上げを行い続け、1990年8月には6%になってしまいます。かなり急激な引き上げと言えますね。

さらに1990年3月には、大蔵省(現在でいう金融庁+財務省)によって“不動産融資の総量規制”が行われます。つまり、各金融機関などに「不動産向けの融資を減らしなさい」というお達しが出た、ということです。これにより、不動産向けの融資が一気に減ってしまうのです。

「絶頂期からバブル崩壊へ…過去の経済に見る4つの知恵」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧