浅田真央越えは確実?本田真凛姉妹を育てた”3つの習慣” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真はインスタグラムより
写真はインスタグラムより

『家政婦のミタ』で一躍有名になった子役・本田望結(11)。姉の本田真凛(14)は3月19日にハンガリーで行われた世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝したことは記憶に新しい。

 実はこの本田家は5人兄弟で、長男・太一(17)も昨年の全日本ジュニア選手権で10位に入る有望スケート選手。次女が真凛で三女が望結。ちなみに四女の紗来(9)も「フルーチェ」のCMにも出演する子役であり、スケート選手でもある。いったいどうしたらこんなに有能な子供たちが育つのだろうか──。

 父親である本田竜一氏の著書『長女を育て、四女に教わった 本田家流子育てのヒント』(プレジデント社)には、驚きの子育て法が記載されていた。

■朝一番にアイスクリームを食べるワケ

 本著には学ぶことが実に多いが、とりわけ興味をかき立てられた3つのポイントについて、以下触れていきたい。

1)朝一番にアイスクリームを食べる

 本田家では子どもたちに、朝起きたらすぐアイスクリームを食べさせる習慣がある。その理由を竜一氏は、<朝にアイスクリームを食べると頭がシャキッとするのと、脳の栄養である糖分を素早く補給するのに良いと考えたからです>(著書より引用、以下同)と記載。 

 確かに、「朝からアイスクリームを食べられるなら!」と早起きを楽しみにするようになるかもしれない。

2)朝5時にみんなで起きて宿題をする

<一日の中で朝は一番疲れがなく、気力も体力も充実しています。つまり、子どもの可能性を拓くのに一番良い時間帯なのです。>

 本田家では子供たちは朝5時に起きて勉強しているという。さらに、<やはり大事なのは、毎朝家族全員がそろって起きて、なにかをするということだと思います。>と著している。両親も夜がいくら遅くても朝は5時に起きると決めていて、父も母も一緒に起床する徹底さには頭が下がる。

「浅田真央越えは確実?本田真凛姉妹を育てた”3つの習慣”」のページです。デイリーニュースオンラインは、本田真凛本田望結フィギュアスケートスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧