女性アイドルが刺されて重体…ストーカーが明かす”個人情報特定の仰天手口” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Luke,Ma
Photo by Luke,Ma

 悲劇がまた、繰り返された。5月21日午後5時すぎ、東京・小金井市で20歳の女性が男に刃物で刺され、意識不明の重体になる事件が起きたのだ。被害者の女性はアイドル活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)。凶行に及んだのは冨田さんのファンとみられる男だった。

「現場となったのは、冨田さんが出演するライブが行われる予定だったイベントの会場。冨田さんは会場にやってきた男に襲われ、首や胸など全身20か所をめった刺しにされた」(全国紙社会部記者)

 警視庁が傷害の疑いで逮捕したのは、住所不定、職業不詳の岩埼友宏容疑者(27)。調べに対し岩埼容疑者は「自分が刺したことに間違いない」と供述し、容疑を認めているという。

■「逆恨みと顕示欲だけのどうしようもない情動」

 悲劇の予兆はあった。関係者によると、冨田さんは「最近男につきまとわれている」と周囲に相談していたという。

「冨田さんは4年ほど前からアイドル活動をスタートさせ、一時は芸能事務所にも所属していた。22011年にヒーロー物のテレビドラマにちょい役で出演しているが、それ以外にメジャーでの活動はほとんどない。地道なライブ活動を繰り返す、いわゆる〝地下アイドル〟だった」(芸能プロダクション関係者)

 冨田さんはツイッターやブログを通して自身の活動をPRしていたが、そこに今回の事件につながる痕跡が残されていた。冨田さんのツイッターのフォロワーのうちの1人が奇妙な書き込みを繰り返していたのだ。

「4月30日に《冨田真由に「全部返せ」と伝えてください。「全部返せ」それだけです》と書き込み、翌5月1日にも冨田さんの名前を挙げて意味不明のツイートをしている。警察は内容などから、岩埼容疑者の犯行との関連を捜査している」(先の記者)

同じアカウントの人物は、2月3日には《投げやりになって 何かをしでかしたいと思った どうせ、のたれ死ぬだけのくそったれの人生 結果なんてどうでも良くて ただ、逆恨みと顕示欲だけのどうしようもない情動》とツイート。翌2月4日には《死にたいんじゃなくて、殺されたい》と不穏な書き込みを繰り返している。直近の5月8日には、《劇的を望む》と凶行を連想させるようなつぶやきも行っている。

 ただ、ファンがアイドルを襲うという事例は今回に限らない。

「女性アイドルが刺されて重体…ストーカーが明かす”個人情報特定の仰天手口”」のページです。デイリーニュースオンラインは、個人情報地下アイドルストーカーtwitterエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧