好感度も回復か?矢口真里「違約金は全額自己負担」エピソードに同情票 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

矢口真里_画像は「青春 僕」より
矢口真里_画像は「青春 僕」より

 なにかとスキャンダルの相次いだ2016年だが、当事者には痛い後始末がまっている。スキャンダルの大先輩ともいうべきタレントの矢口真里(33)が『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演し、自身の不倫騒動から降板することになったCMの違約金を全額支払っていたことを明かし話題になっている。

 同放送回では、薬物使用や性的趣向が報じられて電撃引退した俳優・成宮寛貴(34)について言及し、多額のCM違約金が発生するのではとの話題になっていた。矢口は、かつて2012年に自身の不倫問題が原因で芸能活動休止に追い込まれた際、残っていたCM契約で発生した違約金は、自身で全額支払っていたと語った。金額に関しては明かされなかったものの、一社につき1000万円は下らないとされるだけに、支払いは容易ではなかっただろう。

 過去に『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演した際には、財産がゼロになる可能性も示唆していた矢口。違約金だけでなく、元夫・中村昌也(30)に対しての慰謝料も発生しているとされているだけに、相当な“出費”だったのだろう。これを見た視聴者からは、さすがに矢口に対する同情の声が続出したようだ。まだ不倫イメージが根深く、バッシングの声を浴びることも多い矢口だが、このような自虐エピソードから少しずつ好感度が回復しつつあるのかもしれない。

「芸能活動再開後の矢口は、仕事の選り好みもほとんどせず、どんなオファーでも体当たりでこなす姿が評価されており、業界内でのポジションも少しずつ向上しています。以前は出演すればクレームが相次ぐ状況でしたが、今ではその“自虐キャラ”が少しずつ受け入れられており、視聴者からの同情も買っています。来年以降の仕事も、さらに増えるのではとみられています」(テレビ局関係者)

 最近では仕事も少しずつ増えているとあって、収入面では心配もなくなっているとの声もある。そうなると俄然浮上してくるのが、矢口の再婚説だ。

「好感度も回復か?矢口真里「違約金は全額自己負担」エピソードに同情票」のページです。デイリーニュースオンラインは、バラいろダンディCM復帰矢口真里不倫騒動エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧