【衝撃】日本とは違う!海外の刺身マグロの意外なレシピとは? (1/3ページ)

ANGIE



スーパーで売っているマグロの刺身(さく)は、そのまま食べたり、マグロ丼にするなど、食べ方がマンネリになりがちですよね。

私の住んでいるアメリカをはじめ海外では、サンドイッチにしたり、サラダタコス、はたまたリゾットなど、さまざまな楽しみ方が!

そこで、マグロの刺身を使った人気のレシピをご紹介します。日本ではあまり見たことのないアイデアだから、ホームパーティで出すと注目の的になるかも!?


刺身(さく)を軽くソテーして使用

Photo by Pinterest


海外では魚を生で食べる習慣がないため、刺身で食べられるフレッシュなものでも軽くソテーするのが一般的

フッ素加工されたフライパンに好みのオイル(オリーブオイル、サラダ油、ごま油など)を中火で熱し、表面に焼き色が付く程度にソテーします(片面1分〜1分半程度が目安)。

炒りごまやスパイス類、ハーブなどをたっぷりふりかけた”スパイシーツナ”と呼ばれているものも人気です。スーパーで特売になっているお刺身マグロもおいしく活用できますよ。
「【衝撃】日本とは違う!海外の刺身マグロの意外なレシピとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、レシピ料理海外女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧