常人には理解不能?菅田将暉のハイセンスすぎるファッションが物議に (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』より
菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』より

 この論争に決着は着くのだろうか。時に奇抜とも言える俳優・菅田将暉(24)の独特なファッションはハイセンスなのか、それともダサいのか。巷でも様々な意見が飛び交っている。

 ドラマ・映画への出演依頼がひっきりなしの菅田。今月17日には、主演映画『帝一の國』が観客動員100万人超えを達成し、御礼舞台挨拶を実施。舞台上では共演した野村周平(23)と公開キスまで見せつけ、女性客から黄色い悲鳴を浴びるなど人気が沸騰している状態だ。

■報道陣も失笑した菅田の微妙すぎるファッション

 そんな菅田には、一つ気になる点がある。それは菅田の披露するファッションだ。175センチの長身にスラリとした手足で様々なスタイルを着こなしているが、着ている洋服をよくよく見てみると「んっ?」と首をひねりたくなるものが少なくない。

『溺れるナイフ』では白黒模様の上下スーツに白のタートルネック、『ディストラクション・ベイビーズ』では白のノースリーブシャツにサスペンダーパンツという出で立ちでお披露目。他にもメディアを通じて昭和ヤンキーファッション、果ては腹巻きを付けた『男はつらいよ』の寅さん風ファッションなど菅田ワールド全開の服装は数知れない。

「菅田の衣装は、いわゆるファッション雑誌で見かける“ハイセンス過ぎて読者がついていけないファッション”であることがしばしば。舞台挨拶でもスタンスは変わらず、気合いが入れば入るほど妙なファッションになっている。報道陣からも『何だあれは』と失笑が漏れることが多い」(報道関係者)

「常人には理解不能?菅田将暉のハイセンスすぎるファッションが物議に」のページです。デイリーニュースオンラインは、帝一の國菅田将暉ファッションエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧