【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を! (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!
佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

 ロッテが球団ワーストの敗戦数を記録して最下位でシーズンを終えた。これまでの最多敗戦数は85敗。1963年の「毎日大映オリオンズ」時代のことだ。あの頃は年間150試合でペナントレースが行われていたため、143試合で87敗の今季のほうが、結果はより悪いということになる。

 ただ、来季へ向けて、チームに光がなかったわけではない。その光となったのは昨秋のドラフト1位の佐々木千隼、2位の酒居知史の2人だ。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■2軍落ちを経て成長したドラ1佐々木

 佐々木は、プロデビューとなった4月6日の日本ハム戦こそ5回1失点で勝ち投手になったものの、その後は不安定な投球ばかり。ルーキーが先発ローテーションに入って投げていたことは一定の評価ができるが、7月5日までの11試合で2勝7敗、防御率5.61。あえなく2軍落ちとなってしまう。

 広背筋を痛めたこともあり、2軍ではじっくりと投球フォームから見直す。それが功を奏したか、約2カ月ぶりの1軍マウンドとなった9月13日の日本ハム戦では9回を1失点に抑え、自身初の完投勝利をマーク。それも含めて復帰後は先発3試合、リリーフ1試合に登板し、26イニングでわずか自責点3、防御率1.04、先発で2勝と見違えるピッチングを披露した。

 好投の要因のひとつは、球速をやや抑えて、コントロールを重視することで不用意な四球が減ったこと。この経験を糧にできれば、来季以降、秘めたるポテンシャルがさらに開花する可能性は十分だ。

「【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!」のページです。デイリーニュースオンラインは、酒居知史佐々木千隼野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧