気圧次第で体調不良を起こす近年話題の天気痛・気象病対策は『天気痛ブレス』+「頭痛ーる」+耳栓で対策! (1/4ページ)

おためし新商品ナビ

気圧次第で体調不良を起こす近年話題の天気痛・気象病対策は『天気痛ブレス』+「頭痛ーる」+耳栓で対策!

天気次第で気分が変わる”お天気屋さん”は罪がないが、気象により頭痛などの体調不良を起こすとなると話は別。近年注目を浴びているそうした天気痛・気象病をツボ押しブレスレットで対策するのが『天気痛ブレス』。それに天気痛対策アプリ「頭痛ーる」、さらに耳栓をすれば、かなり軽減できるというのだが。

■低気圧の接近などで頭が痛くなり、時には寝込んでしまう天気痛。痛みまでいかなくても体調がすぐれないのはお天気のせいかもしれない
「そんなの気のせいだよ」と軽くあしらわれがちな天気・気圧の変化による頭痛などの体調不良。しかし近年ではそうした悩みを抱える人が目立つようになり、「ためしてガッテン」や「世界一受けたい授業」などTVメディアでも多く取り上げられ、「気象病」「天気痛」の名で広く知られるようになった。



実際に低気圧になると、人によっては内耳に存在するセンサー細胞が反応して、興奮。自律神経を乱して様々な症状が出てしまうんだとか。雨が降る前に関節痛がしたり、古傷が疼いたりするのも同じ要因。頭痛、偏頭痛、首痛、めまい、喘息、リウマチ、うつ、認知症などの原因となるというから穏やかではない。

正直、記者もそうした気象病持ちである。台風時期など気分は塞ぐは、あちこち痛いでかなり苦労する。最近はそれが気象病というくくりに入るとわかったが、だからと言って不調が治るわけでもないので釈然としなかった。

「気圧次第で体調不良を起こす近年話題の天気痛・気象病対策は『天気痛ブレス』+「頭痛ーる」+耳栓で対策!」のページです。デイリーニュースオンラインは、天気痛気象病低気圧頭痛カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧